スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本目交換 状況レポート

みなさん、こんばんわ。 鍬野家こうすけです。

週末、いかがお過ごしでしょうか?

我が家は、本日、2本目ビン交換の最終詰め詰めをやりました。

EXCEED CRAFTさんの EXTRA 3ブロック LEVIN-G 3ブロック をミックスして、

1500ボトル 蓋なし950-960g 9本
800ボトル  蓋なし580-590g 11本

ハンドプレスで、せっせと、手詰め、計6ブロックを。

準備~詰め~洗い物~片付けまでを4時間、腰が痛~い。

40オーバーには、重労働でした。

これで、とりあえず、12月までは、詰め詰め作業はないでしょう。



2本目交換も約半分が完了しました。

みなさんのような大きなサイズは、未だに出てきておりません。

詳細は、管理表で確認ください。

ぜひ、サイズに対するコメントをお願いします。


血統、エサ、環境、いろいろ幼虫サイズを決める要素がありますが、

やはり環境が一番影響しているのでは・・・? と 思い始めています。

孵化してからの成長プロセスが重要であるような気がしてます。

エサの状態、飼育温度などなどで、その血統の持つポテンシャルを引き出す状況が

揃った時に、大きなサイズが出るのではと。

でも結局のところ、何がベストな状況なのかがわからないので、

良いと思うことを整えて、最後は、運にまかせる他にないですね。

飼育データーと観察を繰り返し、そこから特徴を見出して、改善していくことになりますね。

オオクワブリード、奥が深いなあ~とシミジミ感じてしまいました。

朝晩は、たいへん涼しくなってきました。秋ですね。

運動会も終わり、文化祭・・・あっという間に12月。 また、3本目の交換~

期待していきましょ~

でわでわ、また、報告します。(本日は、文字ばかりで楽しくなくて、ごめんなさい)

おやすみなさ~い。


コメント

§

こんばんは。
瓶詰め作業お疲れ様でした。

データーを拝見させて頂きました。内容については分からないので先輩ブリーダーの方々にお願いいたします。

能勢はやはり総じて大きいのですね。久留米は2本目からでしょうか。血統の違いと言えばそうなのかもしれませんが、何がどう影響しているのでしょうか?

奥が深いですね。

§ こんばんは!

自分も同じような事を考えた事がありました。
今では「血統>菌糸=環境かな」くらいに思っていますが、これといった根拠は
ありません・・・(汗)

ブリードについて「これが正解」はないと思いますので鍬野家こうすけさんも
いろいろ考えて試してみる方が良いかもしれませんね^^

そういう自分はトライ&エラーの繰り返しですが…(笑)

§ こんにちは

ご訪問&虫家コメントありがとうございました。
最近オオクワ含め自分の趣味系のもので散財が続いておりまして設備投資の言い出しに躊躇しておりましたが、鍬野家さんのコメントで勇気がわきました^^

先週末、新たに4頭ですが久留米の幼虫が孵化してきまして、これから冬に向かっていく保管庫は限界です。

§ こんにちは!

詰め詰め作業、お疲れ様でした!
私は、11月頭ぐらいに詰め詰めします!

大型のファクターですか?私は初心者なので、はっきりとした事は分かりませんが、
おっしゃるように、ニョロを取り巻く「環境」は大事だと思っています!後は「血統」+「菌糸の栄養」ですかね?私の場合、大型血統は持っておらず、まったくの無名血統を飼育していますので、大きい個体が出た時にその飼育のプロセスが正解だったと初めて言えると思っています。

「血統」の部分をあえて排除した飼育方法で大型化に成功すれば、そのプロセスを持って「大型血統」(ギネス)にチャレンジっていうこともできますね!
私は、自分なりの仮説を立てて飼育に取り組むようにしてます!

§ こんにちは

黒虫、特にオオクワ大型血統に関していえば
バナマロさん同様で
血統(単に種親サイズではなく)>環境=菌糸
というイメージでしょうか。
それらを総合して
「何となくココがPointかな」っていう所を感じ取るカンは大切でしょうね。

§ こんにちわ、Tatsuさん

詰め詰めは、ちょっとしたイベントになりました。
能勢は、久留米より若干、大きいように思えますが、久留米が後半、伸びてくることに期待したいですね。

§ こんにちわ、バナマロさん

血統の要素が大きいのでしょうかね、たしかに兄弟でデカイのが出ている血統とかは、当たりラインになりやすいようですね。でも、里子先での成長の差は、環境なんですよね。これからも試行錯誤していきます。

§ はじめまして、高橋さん

オオクワガワブリードもなかなかと費用がかかりますね。
ある人は、大型のためには、種親、設備に投資しなくてはダメだと言っていましたが、我が家はとても多くの投資できません。楽しく、お手軽であっての趣味だと思ってます。
これからもよろしくお願いします。

§ こんにちわ、ヤコブさん

いろいろと幼虫が大きくなるための条件があることは明白なのですが、何かがわかりませんね。でも、きっとヒントはあるはずですよね、87mmアップのオオクワガワが作出されるようになったのですから、その飼育技術もアップしてますもんね。お互い頑張って、大型サイズ出しましょう。

§ こんばんわ、七兵衛さん

お久しぶりです。お元気でしたか?
七兵衛さんところからの里子、我が家でMaxサイズ出してくれましたが、さすがに30gアップは出ませんでした。環境の差なのでしょうか。
血統背景はいいし、兄弟で30gアップしているので、そのポテンシャルはあるはずですから、次回交換時には、挽回していること期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鍬野家こうすけ

Author:鍬野家こうすけ
*************************
岐阜県在住の会社員です。
国産オオクワガタの大型化に憧れ、
2010年の夏から自己ブリード開始。
能勢YG血統、久留米血統を
メインにブリードしてます。
*************************

鍬野家 こうすけ バナー
鍬野家の余品オークション
     ↓↓↓ クリックしてね ↓↓↓
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
カテゴリ
ブリード管理表

2014年
能勢YG

2013年
能勢YG
久留米

2012年
能勢YG
久留米

2011年
お勉強

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問
お友達ブログ最新記事
お友達ブログリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでもフォロー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。