FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既製品菌糸ビンの価格

最近、わかったこと。
既製菌糸ビンにおいて、サイズで価格差がなぜあるのかが不思議でした。
例えば、
 AG650cc 単価290円
 AG1100cc 単価360円
 AG1400cc 単価940円
明らかに1400ccに割高感がありました。
疑問だったので、とあるショップの店長に質問したところ、
650ccや1100ccは、機械詰め、 1400ccは、手詰めであり、
機械詰めが出来ないとのことでした。
たしかに手詰めなら、人件費がアップするため、コスト高になるのも理解できます。
しかし、1400ccでもプレス機のサイズをチェンジするなりすれば、機械詰めも可能だと思う。
今後、1400cc以上のビンを機械詰めにして、ビン単価を下げることができれば、
クワガタブリードの発展になり、ブリード人口も増える。
そこには、大きなビジネスチャンスがあるのではと考えました。

みなさん、どう思いますか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鍬野家こうすけ

Author:鍬野家こうすけ
*************************
岐阜県在住の会社員です。
国産オオクワガタの大型化に憧れ、
2010年の夏から自己ブリード開始。
能勢YG血統、久留米血統を
メインにブリードしてます。
*************************

鍬野家 こうすけ バナー
鍬野家の余品オークション
     ↓↓↓ クリックしてね ↓↓↓
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
カテゴリ
ブリード管理表

2014年
能勢YG

2013年
能勢YG
久留米

2012年
能勢YG
久留米

2011年
お勉強

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問
お友達ブログ最新記事
お友達ブログリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでもフォロー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。