スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作プレス棒

こんばんわ。

早いもので、ブログ開設して、1ヶ月が経ちました。
相互リンクでは、13名の方々。
ブログ訪問数では、400人超。

これも、みなさまのサポートがあってのことです。感謝します。

今週は、ミキハルさん、チョネさん、カブクワ大好きさん、エバクワさん と 相互リンクさせて
いただきました。 ありがとうございます。


今日は、小ネタの紹介です。

繝励Ξ繧ケ_convert_20120129221739

じゃあじゃあ~ これが、我が家の自作プレス機です。
ホームセンターで、塩ビ配管、塩ビエルボ、塩ビプラグを購入。
この3構成部品の自作品です。
発酵マット硬詰め時に、体重をかけながら、プレス。
1400ccビンで1000g詰めがなんとか出来ます。かなり体力消耗しますが・・・

来期は、飼育頭数も考えて、もう少し効率のよいやり方を考えねば^^。

でわでわ、おやすみなさい。

スポンサーサイト

自作冷温槽に向けて

こんばんわ。

先日、自作冷温槽 か 冷やし虫家TF で 悩んでおりました。
クワ友さんからの役立つアドバイスで、決心しました。

大型化のために、愛情込めて「自作冷温槽」を作製します。

問題なのは、設置スペースですが、図面を見直した結果、
幅1300mmX奥行500mmX高さ1500mm 冷温容量 約600ℓ となり、なんとか最小スペースで
出来そうなです。

今後、作製の様子は、適宜、ブログにて、報告予定です。

今日は、自作冷温槽に向けて、冷熱源となる予定の小型冷蔵庫を紹介します。

蟆丞梛蜀キ阡オ蠎ォ・狙convert_20120122222005

〇点市場を捜索したところ、1ドア冷蔵庫を発見。
幅450mmX奥行450mmX高さ510mm 46ℓ です。
お値段も送料込で約1万円。
ポイントも貯まっていたので、有効活用し、購入。
今週土曜日に到着しました。
さっそく、ブログ用撮影会。

蟆丞梛蜀キ阡オ蠎ォ2_convert_20120122222039

圧縮式、60Wであり、冷却能力が確保できそう。
色は、販売店オリジナルカラーのブラックで、我が家のワインクーラーを同色でマッチングがよさげ。
ただし、霜取りが定期的に必要だとういことで、どれぐらい面倒なのかが未知数です。

3月中旬までには、冷温槽の制作を完了させ、3月末までには、試運転と温度特性を完了予定です。

しばらくは、制作過程をブログネタにしていきます~。

でわでわ、おやすみなさい。


能勢YG血統 3本目への交換報告

こんばんわ、みなさん

お陰様で、ブログ訪問者数を250超になりました。
訪問してくれた方、ありがとうです。
そして、快く、相互リンクしてくださいました方々にお礼申し上げます。
先週から今週にかけては、 ookuwa170さん、ひでのぱぱさん と相互リンクさせていただきました。
ありがとうございます。

今日は、我が家の期待血統である能勢YGの3本目への交換状況を報告します。

管理No.YG11-2
8/14 AG650 投入
10/16 AG1100 20g
1/20 AG1100 21g  投入後159日

管理No.YG11-5
8/15 AG650 投入
10/16 AG1100 15g
1/20 AG1100 17g  投入後158日

非常にビミョ~なUPでした。
先日交換した同ラインでは、6~8g Upしていましたが、
今日は、1~2gです。

同じライン、同じ環境で、こんなに伸びに差が付くことが不思議でなりません。
♂だと思っているけど、実は♀だったら、うれしいサイズなのですが、
私には、まだ、♂♀を見極める目利きがありません。
まあ、蛹化するまで、楽しみに見守りたいと思います。

みなさん、このサイズ的には、♂ or ♀ どっちだと思いますか~。

でわでわ、またご報告します。



阿古谷産の3本目交換(その2)

みなさん、こんばんわ。
いつも、遅い時間帯からのブログ更新です。
現在、温室は、23-23.5℃管理です。冷え込みが厳しい今日このごろですが、
自作温室は、かなり安定しています。

今日は、先日に引き続き、喰いのよい阿古谷産の3本目への交換をしました。

8/20 菌床産卵 割出
8/23 AG650 投入
10/30 AG1100 16g
1/15 AG1100 23g 145日



80日で7gデブりました。親超してくれると嬉しいなぁ^^

でわでわ、また報告します。

求む、冷やし虫家TFの情報提供

こんばんわ、鍬野家こうすけです。

来期に向けて、今年の抱負であります「自作冷温槽」の作製を計画しているところです。
サイズや使用する材料含めて、だいたいの構造、レイアウトが出来上がってきました。

外形サイズ:W1500mm X D600mm X H1700mm(熱源部含む)  槽内容量 約800L
かなりの飼育キャパになります。
冷却機能は、中古の小型冷蔵庫。サーモコントローラーで制御。
スタイロで断熱。ワイヤーラックを槽内に入れる。

概算費用:50,000〜55,000円

構想案としては、良いものだと思ってました。

しかし、問題は、この容量の自作冷温槽を設置する場所。
もう少し小さい容量に変更しても、部材、部品費は、大きく改善されないと思われます。

いろいろ考えながら、ネット検索、「冷やし虫家TF」は、約100Lで40,000円。
自作費用を考えると、手軽さはあると言える。しかも拡張も後付けできるとのこと。
悩ましい〜。

そこで、みなさん、「冷やし虫家TF」についての情報ありませんか?
・1400ccビンの収容数
・使い勝手。
・冷却時、加熱時の性能。
・拡張性   等々。

 シーラケース

どんな情報でもOKです。提供願います。

阿古谷産ライン

こんばんわ、鍬野家こうすけです。

お陰様で、ブログ訪問者数が 100超 しました。
ありがとうございます。 特に、リンクしていただいているクワ友さんに感謝です。

今日は、阿古谷ラインの3本目への交換結果の報告です。
種親は、決して大きくはなく、♂ 75mm ♀ 48mm といったところです。
お世話になっているショップ「くわがた家」様にて'11/7に種親購入
くわがた家は、リンクを参照してください。
私が、完全自己ブリし、菌糸産卵にて22頭取れたものです。

AK11+・神convert_20120112010332

8/23 AG650cc 投入
10/26 AG1100cc 16g
1/11 AG1100cc 20g(投入後141日)

はやり、今年度の我が家の環境では、おデブ君は出ないのかも^^

原因、わかりますか・・・? 温度環境の問題なんですかね?

コメント、お願いします。




ビン交換小道具の紹介

みなさん、こんばんわ。

一昨日、よしくわさん、教官さん と相互リンクさせていただきました。
これからよろしくお願いします。

今日は、ビン交換時に使っている小道具を紹介します。
どなたかのブログでも同様な紹介をされていましたので、
くわネタで、私の小道具を紹介します。
(実は、今日は、更新ネタがなくて、パクリネタになってしまいました。ゴメンナサイ。)

繧ケ繝励・繝ウ_convert_20120111003427

左から、基本的にこれで、菌糸ビンのホジホジをやってます。
菌糸ビンの蓋を開け、ビン口に沿うように菌糸の上のかたまりをカッポと取ります。
慎重にホジホジしていき、幼虫とご対面したら、真ん中のスプーンで体重計に乗せ、身体測定。
新しい菌糸ビンに左のスコップの先端を使って、投入口を整えて、ビン交換完了。
右の小さいスプーンは、割出後の初令をビン投入する時に使ってます。
ホンネは、真ん中のスプーンでも十分なサイズの幼虫しかいないのが、かなしい^^
もっと大きなスプーンを使う日がはやく来るといいです。

3つの小道具は、すべて100均で購入。
100均って、クワブリードに適した道具が意外にも入手できますよね。

ではでは、また、ブログ更新させてもらいます。おやすみなさい。



飼育環境の紹介

今日は、オオクワブリード飼育環境を紹介します。

その前に、何人かの方々とブログ相互リンクさせていただきました。

kmatsさん、ashtakaさん、ワイドカウさん、まー坊さん、ポチさん(順不同)

みなさん、快く、リンク承諾、ブロ友承諾、ありがとうございます。
これから、仲良くしてくださいね。

では、さっそく、飼育環境をご紹介します。

温室とワインセラー

自作温室(右)とワインセラー(左)、これが、我が家の飼育環境です。

自作温室

温室は、スタイロ20mm厚と保温材で自作しました。
熱源は、電気アンカ(60W)、ホームセンターで600円ぐらい。
これを熱帯魚観賞用サーモスタットで温調。
現在23-24℃で運転中。温度ムラをなくすために小型扇風機(ファン)を下部に設置。
容量的には、菌糸ビン800ccサイズがMax.54本収納可能。

ワインセラー 78ℓ(通販購入)

こちらのワインセラーは、〇点の通販で11年6月に購入。
逆動作サーモスタットで温調。
夏場は、25-27℃で管理、暑い夏をこれで乗り切りました。
ブリード練習中の私には、この容量でちょうど良かったのですが、
来期は、もう少し頭数を増やしたいので、自作冷温室を作製しようと思ってます。
現在は、成虫冬眠室として、12-13℃で運転中。
成虫さんたちは、眠っていますので、起こさないように静かにしています。

みなさんのブログを拝見させてもらうと、かなりの頭数をブリードされています。
エアコン管理ができる部屋もないので、自作冷温室を考えていますが、
みなさんは、どんな方法で、温度管理されてますか〜?

暴れ??の原因

昨日、紹介しました暴れん坊ですが、今日は、落ち着きを取り戻したようです。

いろいろと原因を調べました結果、
昨年末12/29に温室の大掃除をしました。
大掃除前は、温室を23.5℃平均で管理していましたが、
温室内の温度差が気になったので、温室の保温性をアップするために、
温室の扉の内側にレジャーマットをカットして、温度キープ力を保つように工夫しました。
その結果、温室内の温度ばらつきは低減、大成功でした。

しかし、実は、保温性を高めた結果、温室の平均温度が、24.0-24.5℃になってしまったようで、
突然の温度変化で、暴れが発生した模様です。

昨日の夜、工夫したレジャーマットを取り外したら、温室温度が、もとの23.5℃平均になりました。
先ほど、ビンチェックをしたら、ビンの肩まで登っていた暴れん坊が、ビンの下でおとなしくしていました。
多分、急な温度変化が、幼虫たちには、ヘビーだったのだと思います。

このショックで蛹化スイッチが入っていなければ一安心ですが、もう少し様子を見守るしかありませんよね?

では、また、暴れん坊の状況報告をさせていただきます。

暴れの症状?

先日、ご紹介しました3本目への交換をした能勢YG 21g の写真をアップします。
アップの方法がイマイチ不明、試行錯誤しながらのブログです。
お見苦しい点があれば、ご指摘願います。

能勢YG ♂ 21g

菌糸ビン投入137日 ♂21g

やっぱり、これ以上は、期待できないのでしょうか?
色具合をみれば、まだ黄色くなく、まだまだ成長してくれそうな気がしています。

そんな期待のなか、先ほど、ビンチェックしていたら、なんと暴れ??らしき状態。
ビンの肩辺りまで登って来ているではありませんか・・・

交換後1週間で、この落ち着きのなさ、やっぱり暴れなのでしょうか?
みなさま、ご助言を。

Please help me^^

2012年オオクワブリードの抱負

みなさま、新年明けましておめでとうございます。

今年は、オオクワブリードを本気モードで取り組みたいと思います。

'12年の種親は、まだ確定しておりません。現在、思案中です。
能勢YG、久留米の大型血統をメインでペアリングからやりたいと計画してます。

私の特性上、折れやすい性格、熱しやすく、冷めやすいタイプです。
しかし、オオクワブリードとこのブログは、継続していきたく、
みなさまに、私の今年の抱負を宣言したいと思います。

<今年の抱負>
 1. '12年度は、オオクワ80mmアップを達成させる。
 2. 菌糸ビンの自己詰め詰めをチャレンジする。
 3. 自作冷温室を作製する。(市販の○○○虫家の200ℓ以上の容量で機能性に富むもの)
 4.10人以上のクワ友さんと知り合う。
 5. このブログのサブジャンルランキングで100位以内になる。

以上の5つは、やりきりたいと思ってます。
みなさま、ご支援のほどお願いします。

プロフィール

鍬野家こうすけ

Author:鍬野家こうすけ
*************************
岐阜県在住の会社員です。
国産オオクワガタの大型化に憧れ、
2010年の夏から自己ブリード開始。
能勢YG血統、久留米血統を
メインにブリードしてます。
*************************

鍬野家 こうすけ バナー
鍬野家の余品オークション
     ↓↓↓ クリックしてね ↓↓↓
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
カテゴリ
ブリード管理表

2014年
能勢YG

2013年
能勢YG
久留米

2012年
能勢YG
久留米

2011年
お勉強

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問
お友達ブログ最新記事
お友達ブログリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでもフォロー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。