スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育温度 3本目最終ビン

みなさん、こんばんわ。

今日は寒かったですね~。

私の住んでいるところでも雪が薄らと積もりました。

この時間、すでにアイスバーン状態で、歩くのも慎重になります。

本日の報告は、特にないのですが、いつものクワ活の状況報告です。

3本目への最終ビン交換もすべて完了しました。

管理表も全部、アップデートしましたので、見てやってください。

結局のところ、あまり、自慢できるようなサイズの幼虫は出ませんでした。

それでも、マイギネスは更新できたので、よしとしてます。

さらに、3本目への交換の際に、★になっているのがいなかったことは良かったです。

管理表を眺めてみると、ラインによって、暴れやすい傾向があるように見えます。

理由が不明ですが・・・

また、比較的、我が家では、居食いしているケースが多かったです。

居食いの割には、体重が乗りませんでしたが・・・(泣)

飼育温度の影響というよりは、むしろ、菌糸を喰えたのか、どうかだと思います。

居食いするぐらい、居心地の良い温度であったのか??

ラインや個体の特徴によって、我が家の菌糸をたくさん喰えたか、どうか??

このあたりが、来期の飼育のポイントのように思います。

来期は、菌糸の銘柄を増やして、検証したいと思ってます。


それと、3本目への交換が完了したので、来週から飼育温度を下げていこうと思います。

現在、22~23℃、ビン交換後に喰える個体は、もう少し、喰ってほしいと思って、

この温度帯で引っ張っています。また、ビン交換後、潜っていった痕の菌糸が復活して、

菌を回らせるための作戦です。

だいたい、いい感じで、菌も再生してきたようですので、

来週から1週間で1℃づつ18~19℃まで下げる予定です。

そして、3月初めから、ゆっくりと温度を上げていきます。
(ついでに、来期種親も冷温室に移動させ、越冬から起こそうと思います。)

しばらくの間、本当にクワ活は、暇になります。

来期の組み合わせ、ペアリングの準備などを少しづつ考え始めようと思います。


文字ばっかりの、つまらない、更新でした。(焦)

次回更新時は、もう少し、工夫します。

でわでわ、みなさん、おやすみなさい。



スポンサーサイト

自作冷温室製作 その4

みなさん、こんにちわ。

なかなかと、ブログ更新が出来ていませんでした。

本日は、やっと完成になりました「自作冷温室」の報告となります。

製作からかなりの日数がかかってしまいましたが、

なんとか12年ブリードに間に合わせることができました。

どうですか? 我が家の自作冷温室。 カッコイイでしょ^^

正面からの1ショット
蜀キ貂ゥ螳、螳梧・・狙convert_20120519122647

斜めからのアングルショット
蜀キ貂ゥ螳、螳梧・3_convert_20120519122756

扉を開けた時のショット
蜀キ貂ゥ螳、螳梧・2_convert_20120519122725

扉は、4分割のはめ込み式を採用しました。

はめ込み式のほうが、密閉性を確保しやすく、製作が容易だったためです。

4分割は、必要な箇所だけを開け閉めできるようにすることで、

槽内温度変化を最小限に抑える目的です。

槽内寸法は、幅800mm X 奥行500mm X 高さ1500mm  容積 約600L

冷熱源は、46Lの小型冷蔵庫です。冷温室左上の黒い物体が冷蔵庫です。

冷温室の左下に設置されているのが、76Lの小型ワインセラーです。

これワインセラーは、冷温室とは、完全にセパレートされていますので、

予備の菌糸ビンやブロック、ぜりーの保管用になります。

ブリードのためというよりは、冷温室を自作するということに熱中してしまいました^^

冷温室完成で、ある意味、別の燃え尽きた感があり、充実感もがあります。

これは、これで、今、製作を振り返ると、面白さがありましたが、

しばらくは、2台目はないでしょうね^^

現在、25ー26℃で、冷温室内の温度コントロールが出来ています。

温度計で室内の上段、中段、下段の温度を見ていますが、

バラツキも0.5℃以内で収まっているようです。

これから、本格的な夏が来ると、2階のブリードルームは、35℃を超えるようになります。

この小型冷蔵庫の容量で、冷温室の温度コントロールができるかの不安がありますが、

その時は、冷凍ペットボトルでアシストすれば、なんとかなるのでは・・・?

あとは、室内温度バラツキが気になるようになれば、小型扇風機を設置して、

空気攪拌をできるようにするぐらいだと思います。

今後、季節に応じた、自作冷温室の稼働状況を随時報告していきます。

自作冷温室の作製を検討中のみなさんの参考になれば、幸いです。

でわでわ、また、ご報告します。


情報求む!デジタル温度計

みなさん、こんばんわ。

3月も残すところわずかになってきました。

種親たちも食欲も出てきて、ペアリングの準備が整いつつあります。

久しぶりのブログ更新でありますが、本日は、ネタがありません。

自作冷温室も作業がはかどらず、先回の報告から外観の変化がないので、アップはなし。

しかし、ペアリングまでには、完成させたところです。

部材もほぼ準備ができているので、あとは、加工と組立といったところですが、

一つ、準備が出来てないものがありました。 「デジタル温度計」です。

いろいろとネットで物色しているのですが、これといったものがありません。

そこで、みなさん。 オススメの「デジタル温度計」はありますか? 情報くださいませ。

冷温室内の温度測定のため、庫内温度、外気温度の測定ができ、最高温度、最小温度のメモリー機能付き。

庫内温度測定なので、センサーの長さが3mm以上ほしいところです。

みなさんのお使いのもの、ご経験、なんでも構いませんので、情報お待ちしています。

よろしくです。

今日は、言葉ばかりでお見苦しい内容ですが、ご勘弁を!!


でわでわ、よろしくお願いします。

自作冷温室製作 その3

みなさん、こんばんわ。

3月に入ってから、随分と春らしくなってきましたね。

本日は、自作冷温室ネタです。

木枠にベニア板を貼り付け、さらにスタイロを貼り付けした状態です。
すっかりと槽らしくなってきましたよ~

まだ、正面の扉はありません。これから製作していきます。

正面向かって、左上が小型冷蔵庫です。この冷温室の冷熱源になるものです。
そして、左下が、以前、紹介しました我が家のワインセラーです。
なかなか、これも収まりがよいレイアウトになってますよね。

蜀キ貂ゥ螳、蛻カ菴・_convert_20120305011048

まだ、冷蔵庫は、仮組みの状態です。
冷蔵庫の固定は、一番、最後の工程になります。
なかなか冷蔵庫の収まり加減もいいじゃん!

冷温室の上には、飼育道具が置けるぐらいの強度を持たせたので、
お部屋の整理整頓もできるように工夫してあります。

もう少し、作業が進んだら、全体像をアップしますね。

蜀キ貂ゥ螳、蛻カ菴・_convert_20120305011125

これからの予定は、
 ・スタイロと木枠の隙間、目地をシリコンコーキングで処理。
 ・正面扉の製作。
 ・断熱シートの貼り付け(機能性より外観を重視)
 ・冷蔵庫の固定
 ・1次試運転
 ・温度コントローラーによる室内温度ばらつきチェック
 ・室内気ファンの設置、調整
まだまだ、時間がかかりそうです。

4月中旬には、産卵セットを組む予定ですので、それまでには、冷温室を完成させたいと思ってます。

来週火曜日から1週間、海外出張します。
返信コメができない可能性がありますが、帰国後、かならず、お返事しますので、
みなさん、コメよろしくお願いしますね。^^

でわでわ、みなさん、おやすみなさい。

自作冷温室製作 その2

みなさん、こんばんわ。
鍬野家こうすけです。

今週は、主水さん と 相互リンクさせていただきました。
よろしくお願いします。

今日は、自作冷温室ネタです。

木枠組立途中ですが、冷熱源となる「小型冷蔵庫」の仮組みをしてみました。
結構、いい感じだと思いませんか^^。自画自賛です^^。


蜀キ貂ゥ螳、蛻カ菴・_convert_20120224230927

図面を描き、寸法、取り合いを調整しつつ、ここまでの状態まで製作しました。

現在、強度アップのため、周囲にベニアを組み上げているところです。
今週末には、もう少し、冷温室らしく、箱の形になっていると思います~

でわでわ、また、状況報告します。
おやすみなさい。
プロフィール

鍬野家こうすけ

Author:鍬野家こうすけ
*************************
岐阜県在住の会社員です。
国産オオクワガタの大型化に憧れ、
2010年の夏から自己ブリード開始。
能勢YG血統、久留米血統を
メインにブリードしてます。
*************************

鍬野家 こうすけ バナー
鍬野家の余品オークション
     ↓↓↓ クリックしてね ↓↓↓
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
カテゴリ
ブリード管理表

2014年
能勢YG

2013年
能勢YG
久留米

2012年
能勢YG
久留米

2011年
お勉強

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問
お友達ブログ最新記事
お友達ブログリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでもフォロー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。